パニック障害でも就職する為のポイントと就職支援先の紹介



パニック障害者が就職するために知っておきたいポイント

就職と企業

パニック障害を患っている学生の方や、パニック障害の発病がキッカケで仕事を辞めて自宅療養をしている方の悩みは、社会復帰に向けた就職に関してが強いのではないでしょうか?どのような仕事であっても人間社会で働く事になる以上、任された仕事をきちんとこなす事、他人とのコミュニケーションを円滑に取る事はどうしても必要になります。

また通勤する為に、大勢の人々がいる場所に毎日足を運ばないといけなくもなるでしょう。

「パニック障害を持っていると就職は不利なのか?」、「発作を起こしてしまったらどうしよう」、「病気だから内定はもらえないだろう」と考えてしまい、就職する事自体に不安を感じてしまっているのではないでしょうか?

安心して頂きたいのは、パニック障害を治療しながら就職する事は全く不可能な事ではありません

しかし、健康な人と比べると注意をしなければいけない点はあります。現在はパニック障害等の精神病や障害を患っている方向けの就職支援もありますので、それらも含めて解説、ご紹介していきます。

自分に合った職場を探しましょう

就職活動に関しては、現在の症状と向き合いながら行うようにしてください。

パニック障害は「病気」ですので、自分は病気なんだという事を自覚した上で活動を行う必要があります。無理は決してせずに自分の体に負担をかけないように、治療をしながら長く勤める事が出来る職場を探しましょう。

パニック障害を患っている人には広場恐怖(大勢の人のいる場所に行くと発作を起こす)や予期不安(一度経験したパニック発作に対して、あの恐ろしい発作がまた起きるのではないかという不安感が生じる事)に苦しまれている方も居るでしょう。

電車の中でパニック発作を起こした経験がある場合は、車や自転車での通勤が可能である事、大勢の人のいる職場だと発作を起こしてしまうかもしれないと感じている人は、1人で黙々と作業が出来る業種や少人数の会社といったように、自分の症状がどのようなものか、どのような点に注意すべきなのかを考慮しながら就職活動をするようにしましょう。

 

理解をしない会社も、理解をしている会社もある

パニック障害やうつ病等の病気を病気と認識せずに「怠けている」と思い込んでいる人は、現在でも残念ながら多くの企業で存在しています。

会社の大小関わらず、会社を経営している人も中で働いている人も人間である以上、差別や間違った認識をしている人がおり、持病があるという理由だけで内定の取り消しや面接を断われたというケースも見受けられます。その為、パニック障害である事を隠して就職活動をしている方も多数居るようです。

しかし、そのように無理をして事実を隠して就職しても、就業中や通勤中にパニック発作を起こしてしまえば、理解を示していない会社の場合は休職や退職を余儀なくされてしまいます。

また、全ての会社が精神病を患っている人の雇用を断っているという訳ではありません。会社は人が集まって出来ています。精神病に関して理解を示しており、温かい対応をしてくれる会社も数多く存在していますので安心してください。

面接時に出来るだけ自分がパニック障害を患っている事を相手に伝えましょう

具体的には、

  • 薬を服用していれば、問題なく働くことが出来る。
  • 療養期間にしっかりとパニック発作への対処法を身に付けた。
  • もしもの時は多少席を外すかもしれない。

など、正直に面接官に伝える事が誠意であり、反対に嘘偽りで面接を乗り切っても、罪悪感からパニック発作を誘発したり、就業中の不測の事態に会社側への説明が困難になります。

正直に伝えた結果、例え1社2社に面接や内定を拒否されたからといっても、気にする必要はありません。

会社は日本だけでも何千社とあります。気持ちを切り替えて諦めずに根気強く、会社が雇う人を選ぶように、雇って貰う上で自分にふさわしい会社を探して、双方が納得して働ける場所を選びましょう。

 

薬で症状を抑える事は可能

就職活動をするにあたっても、仕事をする事になっても、その際には人の大勢いる空間を移動したり、身を置いたりする事は避ける事が出来ません。その場合にパニック発作が起こらないかが心配でしょうが、パニック障害の発作は医師から処方される薬を服用すれば、ある程度は抑える事が出来ます。

パニック障害だからといって、全く仕事が出来ないという訳ではありません。また、薬で発作を抑える事で、健康な人と同じように働く事も十分可能です。しかし、病気の重度によっては無理に働く事は厳しい場合もありますので、かかりつけの医師等と相談の上で活動や労働の方法を決めるようにしましょう。

 

パニック障害者の就職支援組織についてご紹介

就職支援活動団体

ここまでは自主的に行う一般的な就職活動のアドバイスでしたが、「パニック障害を理解している会社を出来るだけ早く多く見つけたい」や、「重度の精神病だがその場合は就職は出来ないのか?」と思われている方はいるかもしれません。

残念ながら、人は金銭が無ければ社会で生活していく事が出来ません。生きていく為に働かないといけないから就職をしないといけない、また、働く事が出来ないが金銭的な支援が欲しいという方もいらっしゃるでしょう。

パニック障害を患っていると公にした状態で無理のない就職をしたいと考えている方、また、パニック障害を含めた精神病やその他の障害を患っている人向けの就職や金銭的支援をしているサービスは幾つかあります。

下記にインターネットでの支援サイトを1部ご紹介いたします。詳しい内容や手続き方法、必要なものに関しましては記載しておりますURL先のウェブページを御参考ください。

就職支援組織/団体

ハローワークの障害者雇用制度

ハローワークの障害者雇用制度

https://www.hellowork.go.jp/enterprise/sy_employmemt.html

高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)

jeed

http://www.jeed.or.jp

 

 

民間の就職情報サイト

クローバーナビ

clover-navi

 

http://www.clover-navi.com/

アビリティゲート

ability.r-staffing

http://ability.r-staffing.co.jp

アイエスエフネットジョイ

アイエスエフネットジョイ

http://www.joy-c.com/

ウェブ・サーナ

web-sana

https://www.web-sana.com/