パニック障害で使われる抗不安薬 – 種類・効果・副作用



 

パニック障害の治療法のひとつ“薬物療法”では主に西洋医学が用いられ、SSRIという区分にあたる”抗うつ薬”と“抗不安薬”と呼ばれるベンゾジアゼピン系のお薬が合わせて処方されるケースが多くなります。

ここでは、パニック障害で使われる抗不安薬の種類・効果・副作用、また、各抗不安薬に替わるジェネリック医薬品(後発医薬品)についても合わせて解説していきます。

 

1. 抗不安薬とは?

抗不安薬(こうふあんやく)とは主に不安が影響する心や体の症状・疾患の治療に用いられるお薬となり、一般的には不安障害(代表例:パニック障害・PTSD・強迫性障害…etc)の治療に使われることが多くなっています。

これらパニック障害をはじめとする不安障害の治療によく使われる抗不安薬にはソラナックス(アルプラゾラム)やデパス(エチゾラム)などがあり、総称してベンゾジアゼピン系抗不安薬と呼ばれています。

ちなみに一般的に言われている“精神安定剤(トランキライザー)”はこれら抗不安剤のことを指しますので、精神安定剤と抗不安剤は別のものではありませんのでご注意ください。

パニック障害の治療では、この抗不安薬と同時にSSRI(抗うつ薬)が一緒に処方され投薬治療を行っていきます。一般的にはSSRIの効果が穏やかにあらわれるため、その間SSRIの補助的な役割を抗不安薬が担っています。抗不安薬には即効性があるため、パニック発作が起きてしまったときの頓服薬などに使われることが多いです。

また抗不安薬は今ある不安に即効性ありますが、根本から病気を治すものではありません。SSRIがパニック障害を脳の内側から治療し、起きてしまったパニック発作は抗不安薬で鎮めるといった具合です。抗不安薬は外から不安にアプローチして、SSRIは内側からセロトニンの分泌を促し、症状を改善させていきます。抗不安薬は耐性・依存性があるといわれていて、SSRIの効果があらわれたら抗不安薬は減らしていくのが理想とされます。

 

2. パニック障害に使われる抗不安薬の種類

ここからはパニック障害の治療で使われる抗不安薬を効果・副作用・半減期を添えてご紹介します。

血中濃度半減期とは…

血中濃度半減期とは… 薬には血中薬物濃度が半分に低下する時間があります。薬を飲んでから血中薬物濃度が半分になるのにかかる時間を、「血液中濃度の半減期」といいます。簡単に説明すると、飲んだ薬の効果が感じられなくなる時間です。

血中濃度半減期は大きく5つに分けられます。超短時間型・短時間型・中間型・長時間型・超長時間型で、基本的に超短時間型・短時間型などは睡眠導入剤として使用され、10分~20分程度でききはじめ約6時間効くとされています。

中間型・長時間型・超長時間型は十分な睡眠が得られない時に服用、目が覚めるのを防いで不安を取り除いてくれます。効果は12時間以上効き、不安なども同時に緩和してくれる作用があります。

超短時間型に近いほど、服用してから薬の血中濃度が高くなるまでの時間が短く、半減期になるまでの時間も早いということです。逆に超長期時間型に近いほど、血中濃度が高くなるまでの時間が長く、半減期になるまでの時間も遅いことになります。

つまり超短時間型は即効性があり睡眠導入剤として使われることが多く、短期型はパニック発作が起きた時の頓服として、中間型・長期間型・超長時間型は穏やかに効いていくので、不安が強いときや睡眠中にパニック発作が起きてしまう人になどに処方されます。

 

抗不安薬の種類について

マイスリー

マイスリー 抗不安薬

●効果

主に睡眠薬として使用され、入眠障害の治療に効果を発揮。自然な睡眠への導入、効果は弱め。

●副作用

眠気・耐性・依存性

●半減期

超短時間型:2~4時間

●抗不安作用

★☆☆☆☆(非常に弱い)

●薬価

43.7円/ 5mg

69.7円/10mg

●ジェネリック医薬品

名称:ゾルピデム酒石酸塩

20.2円/ 5mg…54% OFF

33.2円/10mg…52% OFF


 

ハルシオン

ハルシオン 抗不安薬

●効果

即効性があり効果が強め

●副作用

依存性が高い・もうろう状態

●半減期

超短時間型:2~4時間

●抗不安作用

★☆☆☆☆(非常に弱い)

●薬価

10.2円/0.125mg
14.7円/0.250mg

●ジェネリック医薬品

名称:ハルラック錠
5.6円/0.125mg…46% OFF
5.8円/0.250mg…61% OFF


 

リーゼ

リーゼ 抗不安薬

●効果

不安・焦燥・緊張などの精神状態の改善・自律神経調整剤として使用

●副作用

湿疹・めまい・眠気・眼のかゆみ・かすみなど

●半減期

短時間型:6時間

●抗不安作用

★☆☆☆☆(非常に弱い)

●薬価

6.7円/5mg
12.3円/10mg

●ジェネリック医薬品

名称:クロチアゼパム錠
5.6円/ 5mg…16% OFF
9.1円/10mg…26% OFF


 

デパス

デパス 抗不安薬

●効果

うつ病・神経症における不安、緊張の緩和・睡眠障害のときの催眠作用

●副作用

めまい・眠気・ふらつき・歩行失調・頭痛・言語障害・興奮・不眠・焦りなど

●半減期

短時間型:6時間

●抗不安作用

★★★★★(非常に強い)

●特徴

最高血中濃度到達時間は3時間である為、抗不安作用は非常に強いが即効性があるわけではない

●薬価

9円/0.5mg
13円/1.0mg

●ジェネリック医薬品

名称:エチゾラム錠
6.3円/0.5mg…30% OFF
6.4円/1.0mg…51% OFF


 

レキソタン

レキソタン 抗不安薬

●効果

不安・焦り・緊張などの精神状態の改善・自律神経調整剤としても使われる

●副作用

湿疹・めまい・眠気・眼のかゆみ・かすみ・耳鳴り・口やのどの渇き・手指のふるえなど

●半減期

中間型:20時間

●抗不安作用

★★★★★(非常に強い)

●特徴

最高血中濃度到達時間は1時間であるため即効性が強く、抗不安作用も強い

●薬価

5.6円/1mg
6.0円/2mg

●ジェネリック医薬品

名称:セニラン錠
5.6円/1mg…変わらず
5.6円/2mg…7% OFF


 

ワイパックス

ワイパックス 抗不安薬

●効果

強い抗不安作用・精神状態の改善・肝臓への負担が少ない・筋弛緩作用

●副作用

頻脈・吐き気・めまい・眠気・けいれん・不眠・むくみ・興奮など

●半減期

中間型:12時間

●抗不安作用

★★★★★(非常に強い)

●特徴

最高血中濃度到達時間は2時間。すべてにおいてバランスが取れているため使いやすい。

●薬価

6.1円/0.5mg
11.2円/1.0mg

●ジェネリック医薬品

名称:ロラゼパム錠
5.0円/0.5mg…18% OFF
5.6円/1.0mg…50% OFF


 

ソラナックス

ソラナックス 抗不安薬

●効果

気持ちを落ち着かせる・不安・緊張の緩和・憂鬱な気分を改善

●副作用

肝機能障害・黄疸・けいれん・眠気・食欲不振・意識障害・手足のふるえなど

●半減期

中間型:14時間

●抗不安作用

★★★☆☆(中程度)

●特徴

最高血中濃度到達時間は2時間。他の中程度半減期の抗不安薬と比べて効果は穏やか。

●薬価

9.2円/0.4mg
15.5円/0.8mg

●ジェネリック医薬品

名称:アルプラゾラム錠
5.6円/0.4mg…39% OFF
8.2円/0.8mg…47% OFF


 

セルシン

セルシン 抗不安薬

●効果

不安・焦り・緊張などの精神状態の改善・自律神経調整剤としても使われる。

●副作用

眠気・めまい・ふらつき・けいれん・不眠・頭痛など

●半減期

長時間型:50時間

●抗不安作用

★★★☆☆(中程度)

●特徴

最高血中濃度到達時間は1時間。とりわけ抗不安作用が強いわけではないが、様々な効果があるためバランスが良く、長く効く。

●薬価

5.9円/2.0mg
9.2円/5.0mg

●ジェネリック医薬品

名称:ジアゼパム錠
5.6円/2.0mg… 5% OFF
5.6円/5.0mg…39% OFF


 

メイラックス

メイラックス 抗不安薬

●効果

不安・焦り・緊張などの精神状態の改善・自律神経調整剤としても使われる。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療にも使われる。

●副作用

副作用は比較的少なく、眠気・ふらつきなど

●半減期

超長時間型:60~200時間

●抗不安作用

★★★☆☆(中程度)

●特徴

最高血中濃度到達時間は1時間と早いが長時間作用するため、頓服としての使い方は行わない。

●薬価

21.6円/1.0mg
38.6円/2.0mg

●ジェネリック医薬品

名称:ロフラゼプ酸エチル錠
8.0円/1.0mg…63% OFF
14.2円/2.0mg…63% OFF

 

パニック障害で使われる抗不安薬のまとめ

以上にご紹介した抗不安薬について、どのお薬が優れているかということはありません。お薬があなたの体質に合う・合わないもありますし、個人の症状と経過を見ながら主治医が選択を行います。

その薬が症状の改善に合っているかどうかについては、薬を飲んでいる本人しかわからない部分が沢山あります。

病院での診察の際には薬を飲んだ時の効果の有無や薬による症状(副作用など)を正直にかつ的確に応えられるように頭を整理しておきましょう。これは、医師が最適な抗不安薬を処方する重要な情報になります。

また参考までですが、パニック障害で良く使用される抗不安薬はソラナックス・ワイパックス・デパスが比較的多いようです。

 

※今回ご紹介した各抗不安薬の薬価・ジェネリック医薬品の価格につきましては、お薬110番様を参考にまとめさせて頂きました。