食事療法 | パニック障害の改善に効果的な飲み物と悪い飲み物



効果的な飲み物でパニック障害を改善しましょう

飲み物でパニック障害を改善する

パニック障害を克服する為の方法の1つに食事療法が考えられていますが、食べ物だけでなく、普段から飲んでいる飲み物の取り方についても意識をするようにしてみますと、パニック発作の抑制やパニック障害の回復により良い効果が期待できます。

先ずは、1杯の飲み物を慌てて飲むのではなく、ゆっくりと時間を掛けて飲む習慣を付けてみましょう

精神的なゆとりと共に体の緊張状態をほぐす事が出来ますので、パニック障害の克服に必要な「精神の安定」を得る事が出来ます。飲み物はなるべく程よい温かさの物を飲むようにしましょう。熱い飲み物や冷たい飲み物を一気に飲んでしまうと、内臓に大きな負担をかけてしまいます。

飲み物自体にもパニック障害等の精神病の治療に効果的な栄養素を含んだ物が沢山あります

しかし逆に症状を悪化させてしまうような成分を含んだ飲み物もありますので、それらを含めてご紹介します。是非ともこちらを参考にしていただいた上で出来る限り早めに実践をしていただき、1日でも早くパニック障害の克服が出来るように、努めてみてください。

 

パニック障害の治療に効果的な飲み物

1.ハーブティー

飲み物 ハーブティーハーブの代表ともされるミントやカモミールには、精神を安定させるリラックス効果があります

脳を緊張させ、眠気を抑制する『カフェイン』を含んでいませんので、夜寝る前に飲む事で安眠効果も期待できます。

花茶の女王と言われるジャスミンティーは、ビタミンCやミネラルを多く含んでおり、精神の健康に深く関わっているとされる、女性ホルモンのバランスを調整する効果があります

香り成分の『ベンデルアセテート』は右脳を刺激し、自律神経の緊張を緩和してくれます。スーパーやコンビニでも手軽に手に入れる事が出来る為、特にお薦めです。

 

 

2.牛乳

飲み物 牛乳

良質のたんぱく質を豊富に含んでいる牛乳は、精神を安定させる脳内物質『セロトニン』の生成に必要な栄養素である、必須アミノ酸の『トリプトファン』を多く含んでいます

牛乳にはリラックス作用の他に安眠作用もありますので、パニック障害を含めた精神病の改善に大きな効果を期待できます。

摂取する時は、ホットミルクにして夜寝る前に飲むようにしましょう。牛乳を温める際は沸騰をさせてしまうと栄養素が壊れてしまいますので、加熱はほのかに温まる程度にしてください。

 

 

3.生姜湯

飲み物 生姜湯生姜は体温を上げる効果がありますので、冷え性に良いと言われていますが、冷えと精神の健康は、実は深く関わっていると考えられています。

ストレスや不安な気持ちを蓄積してしまうと全身の筋肉が硬くなってしまい、その結果、血行が悪くなるので冷え症になってしまいます。

体が冷えると睡眠の質にも影響を与え、質の悪い睡眠を繰り返す事によってパニック障害を引き起こしやすい体になってしまうのです。

生姜湯はノンカフェイン飲料ですので、夜寝る直前に飲んでも構いません。温めた生姜湯を毎日1杯以上飲むようにしましょう。

ただし、市販の生姜湯には味を良くする為に上白糖を含んでいるものが多いので、手作りの物を作って飲むようにしましょう

 

4.湯さましの水

飲み物 湯さましの水人間が生きる上で欠かせないのは、食べ物以上に水分です。

水分量は、精神の状態維持には重要な存在であり、水分が少なくなるとあらゆるストレスの要因に過剰反応をしてしまうようになってしまいます。

水を飲めと言われると、冷たい水を飲みがちになってしまうでしょうが、内臓に負担をかけないように、湯さましくらいの温度の水を頻繁に飲むようにしましょう。

 

パニック障害の治療中に避けるべき飲み物

1.上白糖を多く含んだジュースや炭酸飲料

飲み物 ジュース市販のジュースや炭酸飲料に含まれる上白糖は、少量だと疲労回復効果がありますが、大量に摂取すると逆に血糖値の急激な上昇と下降をしてしまうので、余計なエネルギーを体内が消費してしまい、その結果、疲れやすい体質になってしまいます。

上白糖は少量だと甘味を殆ど感じる事が出来ない為、甘いジュースや炭酸飲料には大量の上白糖が使用されています。どうしてもジュースを飲みたい時は100%果汁の物に変える等、パニック障害の治療中にはなるべく甘い物は控えるようにしましょう。

 

2.コーヒー・紅茶等のカフェイン飲料

コーヒーコーヒーや紅茶等に含まれる『カフェイン』は、脳を緊張させてしまう覚醒作用があります。脳を緊張させてしまうと不安な衝動に駆られやすくなり、パニック発作を引き起こしやすくなってしまうと考えられています。

市販の飲料や栄養剤にもカフェインが大量に含まれている物が多いですので、治療中にはなるべくそれらを飲まないようにしましょう。

ただし、普段コーヒーを好んで飲んでいる人がコーヒーを突然飲まないようにしてしまうと、その事が大きなストレスとなってしまい、パニック発作を引き起こしてしまう事もあります。コーヒー好きの人は始めは完全に絶つ事はせずにカフェインレスのコーヒーに変更したり、小さなカップに淹れるようにすると、心身に負担を掛けずにカフェインの摂取量を抑える事が出来ます

3.酒類

飲み物 酒類酒類に含まれるアルコールは、パニック障害等の精神病を悪化させると考えられています。

パニック障害を含めた精神病の治療中には、酒類は飲まないようにしましょう。

 

 

 

 

パニック障害の改善に効果的な飲み物のまとめ

以上の通り、パニック障害の改善に向けた食事療法の一環として、効果的な飲み物と悪影響な飲み物をご紹介してきました。

効果的な飲み物

  • ハーブティー
  • 生姜湯
  • 牛乳
  • 湯冷ましの水

 

治療中に避けたい飲み物

  • 上白糖を多く含んだジュースや炭酸飲料
  • コーヒー・紅茶等のカフェイン飲料
  • 酒類

 

上記以外にもまだまだ効果的な飲み物は存在しますが、まずはこれらを一度試してみましょう。

即効性はありませんので、すぐに効果が表れる訳ではありませんが、日々の習慣にすることで必ずあなたのパニック症状を和らげてくれます。

但し、これらの飲み物を飲むだけでパニック障害が治るという訳ではありませんので、薬物療法や認知行動療法と合わせて実践していくことをオススメします。