パニック障害でも車を運転するための克服法と対処法



車の運転中にパニック発作が出てしまった”という経験はパニック障害者であれば特に珍しい経験ではありません。運転中にパニック発作が出てしまったことが原因で車の運転が出来なくなってしまった方も少なくはないはずです。

都市部に住んで居る方は電車やバスといった交通のインフラが整っていますが、地方郊外に住んで居る場合、車は移動手段として非常に重要ですので、これから解説する対処法や克服法を実践して頂き、一日でも早く車を運転する事が出来る様に取り組んでいきましょう。

車を運転できなくなってしまう原因

まずは「なぜ車を運転できなくなってしまうのか?」 ―― その原因をしっかりと理解する事が重要です。これを理解する事は車の運転を克服するだけでなく、パニック障害克服の手がかりにもなります。

そもそも、なぜ車を運転するが出来なくなってしまったのか?それはある日突然に全く運転できなくなる訳ではなく、ある“きっかけ”があったはずです。それは例えば、運転中に激しい目眩(めまい)や息苦しさ、表現する事も出来ないほどの恐怖感でしょう。

この様な ――

  • 苦しかったり
  • 怖かったり

といった体験と場面が脳にきざまれ、その体験をした環境や場所に遭遇すると反射的に脳が誤作動を起こし、あなたの体に異変を起こすのです。

これはパニック障害の特徴的な症状でもあります。簡単に言えば、“パブロフの犬”と同じ原理であり、条件反射に似ているでしょう。

当たり前の話ですが、車を運転する事自体は何も恐れる必要がないことはおわかりだと思います。しかし、いざその場面になると体に異変が起きてしまう。だから車を運転する事が出来ないのです。

これを改善するには「車の運転」と「パニック発作」を結び付けている“脳の誤作動”を治す必要があります。その為には、様々な訓練や治療が必要になってきますが、これについては後述で克服法をご説明します。

 

車を運転するための注意点と対処法

まずここからは、パニック障害者が車を運転する際に注意すべき点と発作が起きた時の対処法について解説していきます。

前述した通り、車は人々の生活に欠かせないものとなりました。しかし、車は便利な反面、他人を傷つける可能性があり、また自分自身を傷つけてしまう可能性も秘めています。

ですから、運転中にパニック発作が起こり、事故を起こして人を傷つけたり自分自身が大けがを負わない為にも、事前にパニック障害における車の運転について、注意点や不測の事態に対する対処法を学んでおく必要があると考えています。

1.車を運転しない

バスに乗る

かなり極論的な言い方になりますが、運転するとパニック発作が出るのであれば、車の運転を避けるのが一番何も起きずに済むため、事故などの心配も全く要らなくなります。

一部の郊外を除けば、現在、交通のインフラはかなり整っている状況です。お金のかかる話になりますが、普段の移動手段はバスや電車、タクシーなどを積極的に利用するようにしましょう

また、会社などの通勤で毎日どうしても車を活用せざるを得ない場合は、家族や同僚に送迎をお願いできる環境を整えましょう。

 

2.高速道路やトンネルの対応

高速道路

パニック障害で高速道路やトンネルが苦手というケースはとても多くなっています。これは広場恐怖の特徴でもあるのですが、“逃げる事のできない環境”はパニック発作を誘発させます。

ですから高速道路やトンネルを想像すればわかる通り、パニック発作等の不測の事態が起きた時に直ぐに車を停止させて、車から降りる事ができない為、非常に大きな不安感を抱いてしまうのです。

 

パニック障害者がこれらの高速道路やトンネルを運転するのであれば、ひとりで運転するのではなく、家族や親しい友人や恋人などに同乗してもらうようにしましょう。気の許せる人に一緒に乗ってもらうだけでも安心感を得る事ができ、不安感を軽減させる事が可能です。

また、会社などで上司と共に車で移動する事や取引先の人と移動するなどのケースが発生した場合は、しっかりと上司に事情を話して運転を断るようにしましょう。パニック発作で事故を起こし、命を失っていたのでは本も子もありません。もし理解を得られないのであれば、当サイトや書籍等を見せて説明するのも良いでしょう。

 

3.もし運転中にパニック発作が起きたら

ハザードランプ 自動車

もし一人で運転中にパニック発作が出てしまい、恐怖心でいっぱいになってしまったら、まずはハザードランプを点けゆっくりとブレーキを踏みましょう。そして、スピードが十分に落ちた状態で路肩に停車する様にしましょう。非常事態だと回りの車に知らせるためにもハザードランプをつける事は非常に重要な事です。

その後、パニック発作が落ち着くまでは車からは絶対に降りない様にしてください。(パニック状態で車から降りようとすると注意力が落ちていますので走行中の車と接触する可能性があります)

車内でゆっくりと呼吸を繰り返し、シートの背もたれを倒すなどしてリラックスできる状態を作り、パニック発作が落ち着くのを待ちましょう。

 

車を運転出来る様になるための克服法

上記まで、パニック障害者が車を運転する際の注意点や対処法を解説してきました。しかし、これはあくまでも対処法でしかありませんので、“車を運転できるようになる事”の根本的な解決方法とはなりません。

むしろ対処法として解説してきた内容は“パニック発作を避ける”方法ですので、パニック障害を克服する事、つまり“車を運転出来る様になる事”に対しては実は逆効果なのです。

パニック障害を大きく改善させる(≒克服する)ためには、本当は”パニック発作を回避しない”方が良いのです。だからこそ、パニック障害の治療には暴露療法に代表される認知行動療法が導入されているのです。

参考記事 回避行動をしなければパニック障害は大きく改善する

1.車を運転する事の克服手順

「回避しない方が良い」とは言っても、だからと言って今すぐに車の運転にチャレンジし始めるというのはとても危険です。

パニック障害の症状が重い状況で、車の運転を始める事は、逆にパニック発作が起きた時にそれがトラウマになってしまい、よりいっそう症状を深刻にしてしまう恐れがあります。

STEP-1

ですから、車を運転するとパニック発作が出る場合は、第一ステップとしては、車を運転する事を避けることも必要だと考えます。まずは電車やバス・タクシーなどを利用して日常生活を満足に送り、その生活スタイルに慣れ、ストレスなく毎日を送る事ができるようになる事が重要です。(その理由は下記)

理由 ストレスはパニック障害を発症させる原因

STEP-2

次のステップとしては、他の人が運転する車の助手席に同乗しましょう。他人が運転する車に乗っているという状態に慣れる事が出来ればOKです。

例えば、あなたがトンネルや高速道路でパニック発作が出るとしたら、その次のステップとして、同乗しながらその環境に連れて行ってもらう事もパニック障害克服のプロセスになります。

STEP-3

自分で運転してみましょう。初めは家族や親しい友人・恋人に同乗してもらい、体調が悪くなったら運転を変わってもらっても結構です。

運転する→パニック発作がでる→運転を交換する→休息する この繰り返しで大丈夫です。

STEP-4

車の運転でパニック発作を連想させる環境に行ってみましょう。例えば、トンネルや高速道路などです。ここでは、まだ同乗者が居る状態で運転を行ってください。

STEP-5

STEP-4をクリアできたならば、今度はひとりで一般道を運転してみましょう。この時、比較的交通量のすくない道を選びましょう。

また、パニック発作が出てしまった時に備えて、頓服で処方されている抗不安薬や薬を飲むための水を持っていくと安心感が増します。

近所の道から始め、徐々に距離を伸ばして、ひとりで運転する事に慣れていきましょう。

STEP-6

最後に苦手とする環境・場所に行ってみましょう。

 

2.克服過程での注意点と取り組み方

上記までに説明した内容の注意点と取り組み方について補足します。

各STEPを見て頂ければ分かると思いますが、徐々に難易度を上げてチャレンジしていくやり方になります。

ご紹介しているやり方を100%同じように行う必要はありません。少しずつ、段階的に難易度を上げてチャレンジしていけば良いので、あなたの苦手とする環境や症状の度合いを考慮して、ご自身で計画を立てても良いと思います。(もし専門の精神科や心療内科に通院しているならば、主治医に相談してみる事をおすすめします)

この様なやり方を認知行動療法と言い、パニック障害においては有名な治療法です。

また、取り組み方の注意点ですが、各STEPをクリアしてから次のSTEPへと進む様にします。出来なければ、ひとつ前のSTEPに戻り、しっかりとクリアしてから次へ進みましょう。

パニック発作は出ても問題ありません。むしろ車を運転する事がパニック発作の原因になっていますので、発作が出ても当たり前です。

重要なことは、運転してパニック発作を経験し、対処して、発作を鎮めるという一連の流れを体験する事です。そして、パニック発作が起きても“決して死ぬことはない”事や“一定時間で治まる”事を強く認識し、パニック発作が無害である事を頭で理解しようとする事です。

この様な訓練を繰り返し行う事でパニック障害の克服へと一歩近づくことができるでしょう。