パニック発作で死ぬことは無いので心配はありません

パニック発作で死ぬ事は無いので心配する必要は全くありません

パニック障害の主な症状としてパニック発作がありますが、これに対してあなたはどの様な印象をお持ちでしょうか?

パニック発作はとてつもなく怖いものとして日々怯えているかもしれません。

  • 今度パニック発作が起こったら死んでしまうのではないだろうか?
  • パニック発作で気が狂い、他人を傷つけてしまうのではないだろうか?

パニック障害を疾患した方の多くはこのような考え方陥ってしまいますが、パニック障害について知識を得られていない状況では仕方がありません。

結論からお伝えするのですが、

パニック発作は無害であり、死ぬ事も気が狂う事も絶対あり得ません。

これは医学的にも証明されている事ですので、全く心配いらないのです。

パニック障害下におけるパニック発作の原因は、脳内でのトラブルです。ノルアドレナリンの過剰な分泌で自律神経を刺激し、動悸やめまい、手足のしびれなどを引き起こしているにすぎませんので、ほんの一時は苦しい思いをしていまいますが、全くの無害で、精神的・身体的な影響は一切ありません。

パニック発作では絶対に死ぬ事はなく、意識がなくなってしまう事もありません。

 

1.パニック発作で死んでしまう事はありません

パニック発作であなたが死んでしまう確立は0%です。つまり、絶対にありえないという事であり、医学でも証明されていますので安心してください。

そして、パニック発作はとても怖いと感じると思いますが、それは当たり前のことで皆一緒ですからあなたも正常です。そもそも脳内でトラブルが起き、必然的に恐怖を感じるように出来ていますので、そこは避けようがありません。

大切な事は 怖いけど死なない これを常に認識することです。

 

2.発作は30分程度で必ずおさまります

パニック発作のピーク(症状が最大の状態)は10分と言われています。そして、緩やかに発作はおさまり30分後には発作の症状は消えます。

この流れは、パニック障害者であれば誰でも一緒です。(※発作の程度に個人差はあります)

『何故10分なのか?』と疑問があるかもしれませんが、医学的には、パニック発作にかかるエネルギー量の関係で長く続く事が出来ないとされています。ですから、本当に苦しいのは始まってからの10分間なのです。

パニック発作への恐怖は非常に大きなものだと思いますが、この10分さえ乗り越えれば自然と症状はおさまるものだと常に心にとどめてください。

そうすれば、極端にパニック発作を怖がる必要が無いことが徐々に分かって来るはずです。

 

3.気絶や失神などの異常になることはありません

パニック発作を起こしたからといって、気絶したり、失神したりする事はありませんし、精神的な異常をきたす事はありません。

発作は苦しいですし、恐ろしいと感じるものですから、『パニック発作が出た時に自分自身が狂ってしまうのではないか?』という別の恐怖心があるかもしれません。しかし、発作を原因としてあなた自身が異常な状態になってしまう事は絶対にありません。

気を失うこともありませんし、なにか後遺症が残ることもありません。

パニック発作で異常になることはありませんので安心してください。

 

4.何か悪い病気を併発しているかもという心配

まだパニック障害と診断されていない状況でパニック発作が出ると、ほとんどの方は先ず医療機関(内科)受診します。

私もそうでしたが、あの息苦しさ、めまい、そして動悸を初めて経験すれば、『体に何か異常があるのではないか』と思うことは当然のことです。

しかし、パニック障害では内科・外科のどちらを受診しても、何かの病気に疾患しているという診断は絶対にでません。

おそらく、町の病院を受診し、何も異常がない事を診断され、大きな病院を受診する流れの方も多いかと思いますが、少なくとも、ある程度の規模の病院で精密な検査を受け、何も異常が見られないと診断された場合、パニック障害に見られる症状が自覚できるケースではパニック障害を疑った方が良いでしょう。

一度、大きな医療機関で精密検査を受けて異常がなければ、それ以上に病院を替えて受診する必要はありません。早期に精神科や心療内科を受診することが必要です。

あなたの身体は健康そのものです。ただ脳内のトラブルが原因でパニック発作が出てしまっているだけなのです。

 

5.一人だからと言って不安になる必要はない

これまで解説してきた通り、パニック発作は無害であり、恐怖心を伴うものの、それ以上に恐れることはないという事はお分かり頂けたかと思います。

無害ですから、死ぬこともありませんし、意識を失ってしまう事もありません。そして、一般的には30分もすればその症状はおさまります。

これらの事から、一人である事に心配する必要は全くありません。

「一人の時にパニック発作が起こってしまったらどうしよう…」

このように考える必要はなく、むしろ、誰かが一緒にいてもパニック発作に対する対処法は変わりませんし、自然と症状もおさまります。

どの様な環境にいても発作は時と共におさまり、ひとりで対処する事が可能です。

 

まとめ

パニック障害の初期では、これまで説明した「パニック発作は無害であり死ぬ事は無い」という事実を受け入れる事は、頭で分かっていてもそう簡単には出来ないことです。

しかし、この様な事を知っていると知っていないでは、パニック障害を克服する期間に大きな差が出てきます。

確かに受け入れるには時間がかかりますが、いずれ知っていて良かったと思えるタイミングが必ずくるようになりますし、自然とその様な思考へと変わっていきます。

焦らず、少しずつ改善の階段をのぼっていきましょう。

 

この記事がお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです

4 件のコメント

  • パニック障害の方のブログで、電車で倒れてパニック障害だと診断されたという方がいらっしゃいました。なぜでしょうか?

    気絶しないと書いていらっしゃいますが、過呼吸が行き過ぎると気絶すると医師も言ってました。

    何が本当なのか、本当に安全だと信じきれないととても頑張れません。あの恐怖心に殺されるような感覚を乗り越えるのには、いろんな恐ろしい情報が出回りすぎている気がします。

    発作自体に危険性がなくても体調と重なっておかしくなったり病気を引き起こしたりしないのでしょうか?

    あと、回避の意味がよく分かりません。過呼吸になりかけの時過呼吸にも対処してはいけないのですか?過呼吸は対処する必要があると思うのですが。

  • >>パニ子さん
    こう言う病気の情報系ブログは、執筆者が病気になった訳ではなく、利用者が多そうなブログの内容を模倣して少し手を加えた程度の内容です。
    興味のある内容を出し、あくまでアクセス数稼ぐ為だけです。
    恐らく、医師から直接話しを聞いた訳でもないでしょうね。
    実際、パニック障害持ちの自分からしたら一致しない部分が多々見られますし、医師の内容と違う部分も見られます。
    パニック障害から過呼吸での気絶、失神に関しては私自身も起きましたし、救急車で運ばれました。
    確かに「パニック障害のみ」からの視点であれば死なないですが、パニック障害の怖さは二次的部分の方が大きいです。
    ちなみに発作は30分以内で治るとありますが実際は、パニック障害が起きる→気持ちの状態と体調、周りの環境が悪ければ極度の不安から二次的にストレス性の過呼吸(過換気症)が発生する→呼吸法で呼吸を整え数十分で暫く落ち着くも予期不安により再度パニックと過呼吸のループに陥りなかなか症状が治らない場合もあります。
    私の場合ですと症状が治るまで3時間くらいかかった時もありました。
    気絶した時は電車内で逃げれない様な恐怖の感覚に襲われ不安に押し潰され、過呼吸と嘔吐感、全身の痺れ、耳の閉塞感、頭がキリキリと締め付けられ、脳が色々考えているのかグルグルと思考のループが起き極度の緊張からお恥ずかしい話ですが恐怖のあまり失禁までした記憶があります。
    あくまでこれは症状が酷い場合ですけどね。
    本当に気になる場合でしたら、書籍の方を手に取って読む事をオススメします。

  • 追記
    ただ、このページ限定では上記の様な意見がありますが、このページ以外では良い事も細かくたくさん執筆しておられるので、自分で取捨選択しいい情報を取り込んで治療していくといいと思います。

    • >通りすがりのパニック障害持ち様

      貴重なご意見を有難うございます。

      この記事のみの話ではありませんが、なるべく広く一般的という考えの下で記事の執筆を行っております。その理由として、パニック障害とひとくくりにしても、発生する症状や度合いというものは、当然、個人差があるからです。

      個々の症状に合わせた記事を作成するというのは中々難しいと思っておりますので、本意ではありませんが、広義でのパニック障害という位置付けて執筆させて頂いております。

      パニック障害という病気はまだまだ認知度が低い病気だと思っていますし、色々な人(特に疾患者よりも健常者)に読んで頂きたいという気持ちで当サイトを運営しておりますので、ご指摘の通り、アクセスして頂いて記事を読んでもらうというのは私が願っている事のひとつです。

      私も単に、私自身のために日記を書いている訳ではありませんし、運営する事自体、費用も時間も掛かりますので、そのあたりはご理解頂けると嬉しく思います。

      また、私は十数年パニック障害に悩まされ続け、現在は克服しておりますが、その過程で経験した事、医師と色々と話しをした事、勉強した事を基本として執筆しております。ただ、先述した通り、個々での症状の差もありますし、私が把握出来ていない事も沢山あると思っています。

      ですので、今回のようなご意見は非常に貴重だと思いますし、執筆されている内容に間違いや疑問がありましたら、ご指摘頂ければ嬉しく思い、そういった事の繰り返しで、より良いサイトを目指していきたいと思っております。

      今後とも宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA